« 女の子のスキンケアはどうしたらいいの? | トップページ | 理容室の場合、なぜ開店から数カ月で閉店してしまう人が多いのでしょ... »

2022年11月17日 (木)

乳がんを予防する方法を教えてください

 合成エストロゲンの例:エチレンオエストロール

罹患率が高いだけでなく、女性のがん罹患率が世界一である乳がんに関しても、私たちは他人事乳癌 標靶藥せん。 わが国の乳がん罹患率は10万人あたり43人で、欧米諸国よりやや低い。 このがんが多くの女性に発生する要因は何でしょうか? 乳がんはどうしたら防げるの? 今日はこのテーマで話をしましょう。

高リスク要因

遺伝のこと。 乳がんの家族歴がある患者さん、特にBRCA遺伝子に変異がある患者さんは、他汀類藥物んを発症する確率が高いと言われています。

うつ病、精神的ストレス、高圧的な仕事を長期にわたって発症している患者さんは、乳がんになりやすいと言われています。

外因性エストロゲンの過剰摂取は、乳がんの高危険因子である内分泌障害を引き起こす可能性があります。 合成エストロゲンの例:エチレンオエストロール

脂肪 脂肪組織にはコレステロールが多く含まれていますが、このコレステロールは構造的にエストロゲンと似ており、エストロゲンに変換されて乳房を刺激し、乳がんのリスクを高める可能性があります。

晩婚、晩産・未婚、非母乳、40歳以上の未妊、35歳以降の初正期産は乳がんを引き起こしやすいと言われています。

初潮が早く(12歳以前)、閉経が遅い(52歳以降)。

片側で乳がんを患った人は、反対側の乳房組織にも高いリスク環境因子がある

しかし、自分自身で可能な限り乳がんを回避するためには、以下のことを実行することが推奨されます。

家族に乳がん、卵巣がんなどのがんが多発し(特に近親の女性、乳がんの男性の家族)、しかも若い年齢で発症しているかどうか。 このような状況では、大病院での遺伝カウンセリングが必要です。 BRCA1/2などのがんに関連する遺伝子を持っている、あるいはその他の高リスクの因子を持っていることが確認された場合、医師のリスク/ベネフィット評価により、予防的乳房切除術や抗エストロゲン薬などのさらなる介入が必要となります。

上記で分析した家系に問題がなければ、45歳(または50歳)以降1-2年ごとにマンモグラフィーを受け(ちょうど女性が子宮頸がん患者の予防と治療のために3年ごとにHPV検査と子宮頸部触診を受けるように)、何らかの問題があれば、さらに医師から超音波検査やMRIを受けられるようになることをお勧めします。

乳房にしこりを感じたとき、特に痛みがなく月経周期と関係ない場合、乳首から出血したり、液体が臭う場合は、乳がんを治すために早期発見・早期治療が非常に重要です。

 

« 女の子のスキンケアはどうしたらいいの? | トップページ | 理容室の場合、なぜ開店から数カ月で閉店してしまう人が多いのでしょ... »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 女の子のスキンケアはどうしたらいいの? | トップページ | 理容室の場合、なぜ開店から数カ月で閉店してしまう人が多いのでしょ... »