« 理容室の場合、なぜ開店から数カ月で閉店してしまう人が多いのでしょ... | トップページ | 健康維持のための工夫 »

2022年11月24日 (木)

どうされているのでしょうか? この2人の先輩が教えてくれたこと

老人

人生は風流な旅、それも一人旅。 人生の黄昏時に、そばに仲間がいることは、とても幸せなことです。 伴侶がいなければ、従順な子供たちがいることは喜びである。 しかし、ほとんどの高齢者は「子どもに迷惑をかけたくない」という考えを持っているので、自分のことができなくなったとき、どうすればいいのでしょうか。

白さん(71歳)には、パートナーがいない。

白さんは、2年以上自分の身の回りのことができず、自分の子ど私家看護が忙しく、子どもにプレッシャーを与えたくない、日中は娘が仕事に行くのを見ながら、夜は自分の世話と家事をしなければならず、熟睡もできないので、心の中はすっきりしていません。 そこで考えた末、息子と娘がシッターを雇おうという話になったとき、思い切って老人ホームに行くことにした。

白さんは、「とても親切で、娘に迷惑をかけたくない。年金もあるし、ホームには特別な介護士がいるから、まだ陽が当たるし、生活もできる」とおっしゃっていました。 子どもたちが時間のあるときに訪ねてきて、話をすることができるのがうれしいそうです。 ホームでの生活も2年近くになり、慣れてきたようです。

65歳の王さんには、高齢のパートナーがいる。

王さんは1年以上自分のことができないので、いつもパートナーが面倒を見てくれている。 彼の子供たちは、時間があれば家に会いに来て、食料や物資を買っています。 また、医療費を負担するのは子どもたちです。 だから、こんないいパートナーと親孝行な子どもたちに恵まれたことは、今でもとても幸せなことだと張さんは言う。

若い頃は、生活が豊かでなかったと張本人は言う。 そして、息子の嫁をもらうための借金もあった。 彼もパートナーも、人生の大半を生きるために苦労してきた。 以前はパートナーとよく喧嘩をしていたが、今回彼が倒れてから、昔のパートナーがいかに幸せであったかを実感した。 子供たちに対しては義務を果たしたと思っているが、人生のパートナーに対しては罪悪感を抱いている。 老人は、普段は相棒の相手をして、一緒にテレビを見ている。生活はまだ余裕がないが、子供たちが払っているため、基本的な生活はまだ保障され、日々はかなり快適だが、王さんは相棒の将来がもっと心配で動けない、その世話ができないので、子供たちからもらったお金を、自分たちの そのため、子どもたちからもらったお金と自分の年金を、パートナーが将来、より快適に過ごせるようにと、残しておいた。

誰でもいつかは老いる。 人生とは、生まれてから衰私家醫院病房費用の過程である。 ですから、老いは誰もが経験することなのです。 老齢期の問題は、いつの時代も人々の大きな関心事です。 高齢者の場合、自分の身の回りのことができなくなる、ということがあるでしょう。 高齢者に年金やある程度の貯蓄があれば、本人もストレスが少なく、子供もストレスが少ないかもしれません。 当然、高齢者にお金がなくても、人生の大半を捧げて育ててくれた子どもたちに対する配慮の義務がある。 しかし、自分の世話ができない人は、老人ホームに入るか、シッターを探すか、本人の意思に任されます。 子どもはできるだけお年寄りに付き添い、お年寄りが老後を安心して過ごせるよう、よく気にかけてあげることが大切です。

人到晚年,生活無法自理怎么辦?精明的老年人會這樣做,過好日子

隨著社會老齡化嚴重,有越來越多的老年人失去了生活自理能力。數據顯示,我國60歲以上老年人口超出2.53億,有75%以上的老年人身患一種或者幾類慢性病,失能和半失能老年人約4,200萬人。不但讓老人生活品質嚴重降低,縮短壽命,也會給子女帶來壓...

 

人老了臥床不起,生活不能自理該怎么辦?明智的老人會這么做

隨著喪失自控能力之後,明智的老人做法通常值得借鑒,根據活學活用,將會形成適宜及其獨特的做法。艱難雖然不恐怖,可怕的是沒有解決問題的辦法,人生的難題仍然如此,只要構思正確,難題終究會得到解決。一、多配合家人失去了自控能力,雖然心裏可能不好受,...

 

老年人喪失自控能力怎么辦?

處理養老問題不是妄想,不是空話,而是要詳實的對策,利用自己已有的標准就可以讓養老問題不再成為難題。一、能夠貫徹社區養老,根據集思廣益的形式制訂一套切實可行的對策。社區養老比較方便,並且可以順利實現居家養老,從而既不用考私家看護養老院又能夠安...

 

« 理容室の場合、なぜ開店から数カ月で閉店してしまう人が多いのでしょ... | トップページ | 健康維持のための工夫 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 理容室の場合、なぜ開店から数カ月で閉店してしまう人が多いのでしょ... | トップページ | 健康維持のための工夫 »