« 乳がんを予防する方法を教えてください | トップページ | どうされているのでしょうか? この2人の先輩が教えてくれたこと »

2022年11月24日 (木)

理容室の場合、なぜ開店から数カ月で閉店してしまう人が多いのでしょ...

いくらでも金を出す

第一の理由は、理容業界は起業家が多すぎて、競争が激しいことです。

かつて理容業界にはそれほど多くの施術者がいなかったが、さまざまな美容教育機関が出現して以来、「トニー先生」銅鑼灣Salon推介多く出現するようになった。 もちろん、売れっ子になると独立する者も多いので、ここ数年は街中に床屋があふれている。

これはどの業界にも言えることで、供給過多はマイナスに働きます。 理容店が多すぎると、お互いの競争が激しくなり、お客さんが流されてしまうので、お客さんがいる店が少なく、商売がしにくいということを反映しているのでしょう。

その結果、多くの理髪店が開店後数ヶ月で閉店してしまうという問題が出てきますが、これはビジネスが続けられるだけでなく、実際に理解できる社会現象でもあるのです。

2つ目の理由は、多くの理髪店の慣習が深すぎて、不評だからです。

近年、理容室は下心から悪口を言われることが多く、業界全体の信用を失墜させる原因となっています。 例えば、多くの理髪店では、より多くの顧客を獲得するために、いわゆる「VIP経営」と呼ばれる戦略をとっています。

一般に、こうした理髪店の戦略は、会員制の店を開いて、お客に気持ちよく過ごしてもらうために、いくらでも金を出すというものだ。 しかし、実際には、お客さんをだまして上乗せさせようとする理容室もある。 騙す人数が一定以上になると、お客さんが守れなくなるように「金で逃げる」モードが始まる。

この種のスキームは、より再生するために、私たちの理髪店の天然資源の多くを介して消費者が良い感じを生成していない、最終的にはそれらの小さな床屋の散髪、つまり、ショップ内の唯一の1つまたは2つの人々の種類に行くために長期の選択肢を開発します。 ショップの位置関係が良好ではないものの、ビジネスの店のこのタイプは、環境も一般的ですが、長期的な生産と操作を実現することができ、彼らはメンバーシップを持っていないと充電は自分自身を設定し、価格も非常にプロフェッショナルです。

3つ目の理由は、理容室の経営・管理コストが高いことです。

理容室は見た目はあまり変わらないが、店内の備品がすべて揃うとかなりの量になる。 例えば、理髪店の家賃、内装費、パーマ機、理容師、ドライヤー、良いハサミでも数千円かかるので、全体の投資額は実は割高なのです。

また、理容店は、理容師やシャンプーなどを雇用しなければなりません。 これもコストの大半を占めています。 そして、この投資は回収するのに長い時間がかかることが多い。 客足が悪くなれば、理容室は簡単に閉店してしまう。

« 乳がんを予防する方法を教えてください | トップページ | どうされているのでしょうか? この2人の先輩が教えてくれたこと »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 乳がんを予防する方法を教えてください | トップページ | どうされているのでしょうか? この2人の先輩が教えてくれたこと »